敏感肌の化粧品の選び方

subpage01

敏感肌の場合、化粧品の選び方で敏感肌を繰り返さずに改善することも期待できます。
敏感肌は外部からの刺激により痒みやヒリヒリ感を過剰に感じる肌を言います。

原因は皮膚のバリア機能の低下が主な原因で、個人差や体質の違いはありますが、加齢、乾燥、間違ったスキンケアによって敏感な肌になってしまうことが殆どなのです。
特にポイントになるのは角質層の水分量です。


角質層の水分は半分はセラミドなどの角質細胞間脂質なので、敏感肌の場合、セラミドが多く配合されている基礎化粧品を選び、さらにコラーゲンやヒアルロン酸などの配合もあるとハリのある肌に改善することが期待できます。


乳液よりはクリームやワセリン系を選ぶことも必要です。また、基礎化粧を選ぶ際に配合成分が気になるものですが、できるだけシンプルなタイプを選びます。



配合成分が多いと痒みなどのトラブルが発生しやすくなります。



メイクにも注意が必要です。
重度の場合はメイクは控えて、軽度の場合はベースメイクに気をつけます。


パウダータイプのファンデーションを選ぶことが大切です。

人気の敏感肌化粧品情報サイトを活用しましょう。

リキッドタイプなどは使い心地がしっとりとしていて肌に潤いを閉じ込める印象がありますが、実はパウダータイプよりも界面活性剤など肌に良くないものが多く使われていることが多いのです。
また、クレンジングで肌に刺激を与えることを避けるために、洗顔料だけで落とせるメイクアップ化粧品を使い薄いメークを心がけます。
敏感肌は化粧品の選び方に注意が必要ですが、ストレスや生活習慣なども影響していることがあります。

正しいスキンケアを心がけながら、生活習慣や食生活なども見直すことも肌の回復には必要なことです。